マーマンの詔

投稿日: カテゴリー: マーマンとの人生不思議帖

ブランド捨てなさい(人の評価で生きないこと)

頼るな自分のやることをやりなさい

頂上にいったら落ちるのみ頂上で踏ん張り続ける体力をつけなさい

 

マーマンの山に登った

マーマンは山を登ってきた私にこう告げた

私は何もかもを自分から捨てたはずだったのに

まだうちに隠しているもの(うちにこびりついて離れないもの)の存在を

マーマンに教えられた

 

 

マーマンはそっと一凛の気高い花をくれた

クレマチスの丘は雪で覆われていたが

春の気配もまた後ろに隠していた

 

マーマンは次回は花はただではもらえない

そこには価値がはっせいしてくることも告げた

花はいっかいこっきりの大チャンス

もう二度とこの花の匂いがかげなくならないよう

もう一度息を殺して真ん中に集中を込めよ

 

 

マーマンは言う

お前の炊飯器は壊れただろう

しかし新たな炊飯器で飯を食いなさい

思考を過去で止まらせるな

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です