寝ぐせの考察

投稿日: カテゴリー: 感情的なもの欄

羽生さんが

永世7冠をとってTVにでていたことは記憶に

新しいと思う

すごいなあと思っていて

チャンネルをいつも変えずに思っているのだけど

今日は別の意味ですごいなあと思ってしまった

 

今日の羽生さんはなんと

公の場でしかも取材陣に取り囲まれ

フラッシュを浴びてすごいかっちりばっちり

服もきめてて

 

からの

 

 

寝ぐせがやばかった

 

またまたTVからだが

「あいつ何してる?」という番組で

今回は名門校の天才&奇才 今何してる編だった

PC界の超天才児 西川さんという人が

大人になって なんと東大発ベンチャーPFN代表取締役社長になっていた

いまやグーグルか西川 ということになっているらしい

人工知能を有するロボットや人工知能がある車やまあ

最先端大幅に人間は楽になり

アニメの色付けも勝手にやってくれるし

なおかつ自動車が勝手に運転してくれて勝手に止まってくれるような

そんな世の中がくるらしい

その最先端技術の会社らしい

その人の人生が変わっていて

 

授業中もうちでもPCが好きすぎてずっとずっとずーーーーっつと

PCをしていたらしい

 

そうする間になんとあと三か月で大学受験がくるので

やばくなり勉強しできないものはあと三か月では無理なので

捨てて(例えば暗記科目は捨てたらしい)

得意なものばかりやったらしい

 

そんなに高校でも成績はよくなかったらしい

当たり前だPCだけやっているのだもの

でもそれでも東大のパソコン部に入って

今の活躍になっている

取材に訪れた人の前に現れたその人は

なんと

 

まさかの

「寝ぐせ」だった

 

実はもう一つある

 

今、天才の2例を見てきて

 

身内びいきかもしれないが

 

うちの旦那も

公の場でも 光栄な場でも 本当に大事な場でも

いつでも

「寝ぐせ」である

いつも注意するのだけど直そうとしないし

注意する妻の方でいつしか言うことをしなくなる

だって無駄なんだもの

そのうち

もうどうでもいいやみたいになる

だって私でないしどうしようもできないもんとあきらめの境地になる

たぶん

羽生さんの妻や

その西川さんの彼女さんなんかもそうなんじゃなかろうか

 

並みいる天才2例の中に旦那を入れてしまって

本当にすみませんですが

私は実は旦那は天才なんではないかと思う

その寝ぐせは

その人たちはなんでそうするんだろうかと考察すると

寝食を忘れるほど何かに没頭しているのだ

羽生さんは将棋に

西川さんはPC

うちの旦那は問題を解くことに

 

そういう人の自分のなかの興味あることに向かう姿勢は

アカデミックすぎて

たぶん

寝ぐせなんていうつまらないことは

どうでもいいんだろう

実際

旦那は穴の開いた靴を履いていても平気だし

ずーーーーっと同じ服を洗ってきる洗ってきるとしていて

擦り切れたり穴があいても平気だしもっというと服とかおしゃれに

興味がない

まあ勉強以外に興味がない

興味あることはずーーーっつとずっとずーーーーっつとやっている

ふむ

 

その集中力のすごさは半端ない

だから

 

寝ぐせなんて

 

まったくどうでもいいことなんだろう

 

という結論に落ち着いた

 

象を追っていて

蟻なんかに目を配っている暇はないのである

 

羽生か西川か旦那かである

ドレスコードあるいはコードネームは

「寝ぐせ」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です