美しき日々

投稿日: カテゴリー: 感情的なもの欄

皆さんは今日現在 日本に住んでいる方が大半だと思います

この文章も日本語で書かれていますから当然と言えば当然ですが

しかしこのNASAが撮った画像は世界中の国々から

いろいろな誉め言葉があがっていて大変びっくりしました

まるで魔女の宅急便のキキがトンボを必死で助けてそれが

本当に当然で当たり前だと思っていたときに

町中の人が紙吹雪を降らせた時のように

それはそれは誇らしいものです

しかし 私たち日本人はまるで自分の国がいかに美しいか

そうして 今 生きたい国 憧れの国 美しい国 住んでみたい国

になってしまっている現実を受け止めていずに

まわりが美しくまたもろく傷つきやすい国に住んでいることになど

気づいていないことが多いのもまた事実です

みんながそうでそこに住んでいてそういう人たちが大半だと

大概見失ってしまうのかもしれません

この画像をみてください

初めてみたとき

世界中の感想を見る前に私が思ったことは

「龍みたい」

です

私が思うということはみんなが思うことであり

また世界中の人の大半の意見も

そうでした

科学がどうの 龍体ってなんなのとか

日本が龍体の国だからとかいろいろな考え意見があると

思います

でも

心をまっさらに見てもやはり

緑で光っていて青い水に横たわって発光しながら泳いでいる

龍みたいな生き物のような気がします

その美しさにコメントの多かった国はフランスが多いようでした

フランスは美の国、芸術の国、恋愛の国とされています

日本はそんなフランス人の多くの方から

美しいとほめられたのです

その美しい国に住んでいる日本人って

その美しい輪郭をもつ龍そのものの中に入って

いる日本人が私たちなんだって

なんだか他人事みたいにおもえるような

こそばゆいうれしいことではありませんか

凄惨なニュースや相撲界(国技)などで

いろいろこの美しい龍の日本が泣いているのかもしれないし

龍のいかづちが泣いて膿をだしきっているのかもしれないです

だって

龍の国の象徴の天皇陛下はもう少しで退位なされるというし

時代が刻々とかわっていく過渡期にさしかかっている

国が変わろうとしているから天皇が変わるのか

天皇が変わるから国もいままでの膿をだそうとしているのか

その順番は今どうでもいいのですが

でも

世界から賞賛されている中で

凄惨なニュースが日本的な悲惨なニュースで覆います

由緒ある神社で

日本刀で身内同士の跡目争いで殺傷

国技においての不祥事

今この龍みたいな綺麗な美しい発光体の世界中で一番活き活きと

泳ぎ切って群を抜いて圧倒的に美しいNASAからの画像の

その国の中で起こっているのはこんな事件

よく

映画やドラマで殺人や悲惨なことや主人公が残虐な目にあっているとき

流れている音楽がものすごく美しいオペラやクラシックだったりしますよね

反対のものを映しだしそこに投影される残虐さを加速させる映画の技術かもしれませんが

 

いまおこっていることは紛れもないリアルで本物で

この画像を見た時私は同時に凄惨なニュースもわかっているので

なんだかバーチャルな映画みたいな不思議なかんじにとらわれました

実際ドイツの青年はこの画像をみて

「ゲームの中のことですよね、誰かそうだと言ってくれ」と書いてあったし

 

この世の天国みたいなオペラや歌声も

残虐なニュースの効果にしかならない

でも

見ている画像は美しすぎてリアルじゃないみたい

地球に横たわる龍ははらわたから怒りくるっているのかもしれないですね

それでも地球は回るし青く美しいし龍は泳いでいる世界を地球を宇宙を

日本人は

龍にいだかれている

龍の一部である日本人はいま

今日

今朝

一人ひとり何を思っているんでしょう

 

龍が羽ばたこうとしているのに

はばたいているというのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です