楽しい、嬉しい、ウインウイン

投稿日: カテゴリー: 感情的なもの欄

以下のCMをみておもうところがあった

そういや

しらずしらずのうち日本の女性

あるいは女性観、

あるいは日本人って

縛られていてとても窮屈なような気がすると

他国を旅していて思ったことがあった。

このCMをみて思い出したのでみなさんにもみていただきたい

なんとなく

生きづらいなと思ったことありませんか

私はあります

大学やら仕事やらで息詰まると海外いっちゃったり留学してきたり

世界旅行の旅にでる人いますよね

たぶんあれは反動なんだと思います

我慢した自分をリセットしたり

リフレッシュしたり

ただの傍観者になっていたかったり

過去の自分を洗う行為なのかもしれないし

でも行ったところで

日本がよかったとかえって来る人や

結局お金を使ってしまって帰ってきて

何にも自分に残るものが海外いってもない人も多くみられるのも確かです

だってそうですよね

海外に逃げたところで自分は一緒ですからね

場所が違うだけで自分は一緒なんですから

しかしごくたまにチャンスをつかむ人もいます

それも自分が確立する契機をつかんだ人です

たまたまその土地とシンクロしたり

たまたまその土地の行事や伝統、料理、仕事などと

日本の自分が共鳴してシンクロして化学反応をおこして

ムーブメントを自分の中に起こすことができる人

そういう一部の人をみて海外にいけば成功できると

夢みていく人が確かにたくさんいました

でも

いまはネット時代ですし

場所は関係なくなり

日本のほうがそういうのが進んでいたり

日本発信が世界発信になる時代になりました

サラリーマンをやめて

思うことは

もう自分を縛るのはやめようと思うことにつきます

体を縛るガードルもいいかもしれません

それよりは運動してストレッチしてよく噛んでおいしいフレッシュなものをたべ

ストレスなければ人は理想体型に近づいていくのではないかな

もう我慢しておいしくないものをおいしいとかいっている時代は

終わった気がします

体によくって本当においしいもの

あるいはそんな情報、そんなたべもの

本当のこと

我慢しなくてでも本当に楽しいこと

嬉しいこと

自分だけでなく周りの人も他人にとっても

嬉しいこと

おいしいものを共有すること

楽しいものを一緒に見ること

夢見ること

みんなで作っていくウインウインが

日本中にあふれだしていくのをこの頃よく夢をみます

全然関係ないように思えますが

彼らが大人になる頃は

絶対そんな時代になるんでないでしょうか

だってこの男の子の顔みてください

真剣

しかも 楽しんでいる

超がつくくらい

しかもやっていることはキレッキレ

やることやってこころから楽しんでいる

それを見ている人も自分もあなたも超楽しい

何か私も何かと思えてくる

何より

楽しすぎる

それを楽しんじゃう文化が日本にある

だってそれを受けてこんなのをつくっちゃうひとまでいる

わーとおもってしまった

くっつけちゃったよ

日本人のセンスってすごい

どんどんどんどんがでてくる

とっても楽しくなってとまらない

しかも

みんなこの中で起こっていることは現実で

ダンス部も男の子もたくさんたくさんそれはそれは

血のにじむ努力をしたに違いないのだ

視聴者はわかっている

全てをわかったうえで楽しんでいる

男の子のうちの家庭ってどんなかな

パパ、ママはどんな人だろう

男の子をこんなにものびのびと育てられる基盤が

ある余裕のある家庭なんだな

この男の子は幼稚園ですんごく人気者なんだろなとか

キレッキレのダンスと

胸にさげているチューリップの名札のギャップが

受けるし

何より男の子の漫画みたいな真剣な顔と楽しんでいる顔

回っているときも顔を残すというダンスの鉄則も踏んでいるし

これをみると日本の未来も明るくなってくる

最後のダメ押しがこれである

男の子が真ん中になっちゃうんである

日本の技術というかおもしろがるセンスはすごいなと思っている

でもみんなウインウインである

こんな頑張っている人を応援できるそんな余裕のある日本に少しずつ少しずつ

なってきている

でも過去のモチーフ(バブル)をテーマにおもしろおかしく

現在によみがえらせていながら

世代を超えてみんな楽しめて

なおかつ自分たちは血のにじむような努力をして楽しむから

その映像には迫力と真剣なオーラががんがん伝わり

見るものを圧倒して何回も何回もみたくなる

そうして何回も何回もみるうち

覚えちゃう人がたくさんいるといい

私もこれを母にみせたら

「あなたもやればいいじゃない、真似して」

といわれた

そういわれる自分も言った人も

聞いた人もくすりと笑いが起きて楽しくなる

母はちょっとのことで落ち込む人だが

あるとき

私はそんな母に

「そんなちょっとのことで落ち込んでいないで

もっとおおらかにおおらかに」

というと

つっぷしていたテーブルから顔をあげて

くすりとした母がいたので

理由を聞いたところ

私の妹の子供

つまり私の姪っ子7歳女子からも言われたようである

「ばあば、そんなことじゃはっぴぃになれないよ」

ばあば、つまり私の母親は甥っ子が甥っ子の父、

つまり私からみたら妹の旦那から怒られているのを

みて一緒になって落ち込んでいたのだ

つまりこれが昭和世代の構図である

一人がおこられていたら一緒になって落ち込まないといけないと

自分を縛っているのかもしれない

まあその人の気質だよと言われればそれまでだが

怒っているパパも昭和だし

その怒られている子供の才能を伸ばしてやれるパパ世代が

つまり平成で

それを

みながら

「ばあばそんなことじゃはっぴぃになれないよ」と

諭すガキ(姪っ子)世代が

新しい世代を担う鍵となる

 

そんなこんなで世の中には笑いがあふれている

 

今日嫌なことがある人も忙しい人も落ち込んでいる人にも

平等に時間は訪れるし朝がくる

 

しかし何の方向にがんばっているかは明白に違う

時代に突入してきた

ベクトルを力点を最大限に一緒にして

みんなでウインウイン楽しい未来にできることを願ってやまない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です