お伊勢さん

投稿日: カテゴリー: 短期旅行の欄

二泊三日を長期旅行のカテゴリーにしてみた

というのも

仕事をしている以上

二泊三日とれるというのはけっこう長い

バケーションに値するからして

いまのわたしの状況からいえば

長期旅行にしておこうというのが本音である

今回の長期旅行は

なんとお年頃のヤマト女子なら誰しも一度は

というところです

もったいぶらないで教えると

お伊勢さんです

しかもクルーズでいくお伊勢さんです

船でゆうらーりゆうらーり丸一日かけていく

お伊勢参りをしてきました

いいでね

心から

手を合わせて

静かに

お礼をいって

それだけ

それだけだけど

気分いいもんですね

何よりお礼だけ述べよという

はっきりしていて神さんでないですか

それが日本の最高位にいる神さんというし

その神さんはものいう神さんだったのである

「私に願い事はいうな

お礼だけを述べよ」

である

あんまりはっきりしていて気持ちいいので

人の悪口をその人の前でズバットいってあげる

姉御肌のいい女の見本のようなかんじだな

と思ってしまった

たとえがあんまりわからないと思うが

女子ってぐちぐちねちねち

陰でその人のいないところでその人の

ことを悪く言う人もいれば

ごくまれーに

その人の前で

その人の悪いところを

ぐさっとずばっといってくれる

奇特な人もいる

神さんを奇特というのではけっしてないが

みんなお願い事をするのに

この神さんだけは

最初から

なんというか

割り切っておれはこういうやつだから

おれの前ではこれをするんでないぞ

と言ってのけていてすんごく

気持ちがいいのである

まあ、神さんだってお願いごとばっかりされては

辟易してしまうものね

神さんだって人間だって

お願いごとされるより

ありがとうと言われたほうがなんかうれしいものね

楽だし、つかれないし、なんかうれしいきぶんになるもんね

だってお願いされるのってなんかけっこう

好きなことややりたいことやお願いする人を好きでない限り

面倒くさいものですものね

神さんだっておんなじですよね

伊勢の神さんはそんなわけで

最初っから「私にはお願いごとはしないでください

感謝を述べてくださいと」いっているから

とっても気持ちいいのである

切符のいい女の特徴である。

そのお伊勢さんの別宮でお願いしてよい神さんがいる

その別宮に行く途中石の階段のちょうど真ん中が

神様の降りてくる石というのがある

写真のところ

 

なんのへんてつもない石だし割れてるし

へ これが あの 神さんの降り立つ

石なんですかとあんまりまじまじと凝視しなくて

いいくらいのところでしたが

見る人がみれば、わかるのでしょうね。

神さんは普通のところに現れるものなのかもしれませんね

特別のところでなく

いっつもやってる人に

がんばって誰かのためにやっている人なんかに

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です