こころをここに込めて

投稿日: カテゴリー: キャスとのおキャンメモリ

思うことがあって

このカテゴリーを名付けようと思った動機付けの

まあいわゆる 彼女がいたから このカテゴリー欄を設けた

その彼女に ある手紙を書いてみようと思う

その 彼女の 名前は キャサリン

こころをこめて

穏やかにして

低く

低く

頭(こうべ)とこころを低いところへ

精神を落ち着かせながらかく

何かをやるときには 再確認をしながら 決める(DO)

と いいそうだ

 

低く 小さく こころをこめて

 

キャサリンへ

 

縁起のいい話でないが

明日あんたが死んでもいいように

これだけはいっておきたいことを

この場を借りて

 

あんたがあんたでいられるように

あんたがあんたの総動員をして

やってきたとき

瀕死の状態になってきたとき

私はあんたの マグダラのマリア と

なれるかわからない

だけど

そのようになれたらいいと

思うから

だから

きいてほしい

あんたは

潔癖で

多くを語らないし

だけど

海より深くそして潔いことも知っている

あらしの前が静かなのも

そのあらしと同じ心情の深さをたたえているのも

やっとわかった

私は目に見える世界しか信じないところが往々にして

あったから

 

低く 小さく こころを込めて

 

あなたが あなたが コインを なげて

ほおって その通りの こと に なって

または  その通りの こと に ならなくても

 

はっきりいって 私は 関係ない

 

SO  WHAT だから 何?

 

私は あんたの マグダラの マリアの スタンス

で あり続ける だから

 

いつでも

 

いつでも

 

ずっとこころの 準備しておくから

いつでも ここに 逃げ込んで きて

 

かつての私が 逃げ込んで そうして 立ち直った

 

ここに ここに 来ていいから

 

約束する

 

絶対 あんたを 還して やる

 

約束する

 

絶対に

 

あんたを 絶対に 還してやるから

 

だから 安心して 闘って こい !

 

キャサリンへ

美しい 青い夜 満月色の 灯 で こころから あなたへ エールと 祈りと 愛情 を

 

P.S

サイダータウン  色の欄の 「赤」

365日絵本 地下二階  「私の家」

を   あなたに読んでほしいと思う

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です