滋味深さとは

投稿日: カテゴリー: 感情的なもの欄

今日会社で添乗をしたスタッフから

いい話をきいた

支援学校の生徒さんの修学旅行の添乗のスタッフだが

支援学校さんのお手伝いをして

帰ったら無性に自分の娘に会いたくなったそうだ

なんだかいい話である

もっとつっこんできこうとしたら

社長に止められた

ここで止めておくからいいはなしなんだぞ

わたしの性格からしてもっとつっこみたいところであるが

我慢した

たいして突っ込んだってもっといい話であるはずもないんだ

そこをここでとめるから

いい話になるんだぞって

添乗いろいろ大変だったことだろう

しかしビデオをみてみるとわかるが

音楽がなったら踊りだすしとても自由なんである

自由すぎて連れていかれたりもあるが

なんだか枠組みにとらわれている自分

規制の概念で物事を考えるように知らず知らずになっている

自分がその自由をみてすごくおどろいてしまった

とともに微笑んでいる自分がいた

微笑みの延長上にその添乗したスタッフも娘さんと会いたい

と強くかんじたのだろう

なんだかたいそう滋味深い味わいな話だった

こんな滋味深い味わいのある話を

いいところで止められる

タイミングばっちりないい女になりたいものである

まだまだまだまだ修行が足りない私である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です