ひさーしぶりの本は?

投稿日: カテゴリー: ブックコンシェルジュ欄

久しぶりに本を読んだ

「東京ラブストーリーafter25 years」

柴門ふみさんと私はマヤ暦のKINが一緒である

だから気になって読んでみたのがきっかけ

うん、ぐいぐい読み進めちゃうストーリー構成

東京ラブストーリーを現役でみていたから

なんとなくあの時代から25年もたってからの

本が出版されるなんて思ってもみなかった

リカとカンチも年をとって50代になっていた

そっかあれからそんなにたつんだな

私も年をとるはずだな

私はバブルを経験したことがないが

バブル経験者はこうなんだなっと

実感としてかんじられたのが東京ラブストーリーだった

赤名リカの「セックスしよう」が当時斬新だった

誰もそんなあからさまにいう人もいなかったし

女優鈴木保奈美ににそんなふうに言わせたドラマもなかったと思う

鈴木保奈美はだから一躍時の女優さんになれたし

時代もあのドラマがあっての時代となっていたかのようだった

あれから25年みなさんはいかがおすごしだったでしょうか

新聞で広告がのっていた

東京ラブストーリーを現役で見た人にかぎるというshareハウスの条件で

一緒になったおんなたちを題材にした本もでていた

やはりみんなにとって東京ラブストーリーは

ラブストーリーは突然にのキャッチフレーズのごとく

稲妻のごとく突然にやってきて

突然に消えるものだったのであるかもしれない

まるでヒロインの

赤名 リカのように

「カーンチ」

 

25年たった今も鈴木保奈美の声が

あの 赤名リカ役の声が本を読んでいる

子供から大人の女になった私に今でも響いている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です